ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  水素水の基礎  > ニセ科学と言われてしまう理由について

ニセ科学と言われてしまう理由について

水素水は効果がないとか、水素水がニセ科学だとか雑誌やネットで随分と叩かれていますね。なんでこんなにニセ科学だと言われてまうのか?

あんな効果やこんな効果が期待されているのにもったいないな~というのが個人的な感想です。

水素水は無味無臭、見た目も味もただの水です。また水素水自体が研究途上であるということがニセ科学と言われてしまう最大の原因でしょう。

研究段階ですから国が認めるまでに至っていないということです。

ですが研究データは徐々に増えているのです。研究段階でも製品になることは普通にあることですし、それを踏まえて水素水を利用する分には問題ないのです。

ちなみに誰がこの水素水の効果を発見したのでしょうか?

水素水については日本医科大学の太田教授が2007年のネイチャーメディシンで論文として発表しています。(※太田教授による水素医学に関するまとめ

このように科学的根拠がないものが論文になると思いますか?

水素水の最大の特長は、その抗酸化作用にあります。抗酸化作用のある物質には、ビタミンCやポリフェノールなどがありますが、水素水のすごいところは、分子構造が宇宙一小さいため細胞の奥の奥まで行きつくことにあります。

抗酸化作用があるため細胞の老化や病気をもたらす活性酸素を減らしてくれる働きが期待され、健康、美容業界が注目しているわけです。

ulendc.jpg

しかし、それがどこに効いて何が治ったのか自分でわかりにくいから、その効果に気づきにくいんですね。

何より水素水の効果は、まだ研究段階だからこそ、こんな効果があるとハッキリとは言えないのです。

何に効果があるかはっきりわからないとしても、細胞の老化や病気をもたらす活性酸素を減らしてくれる働きがあることは間違いがないのにです。

水素水がニセ科学と言われてしまう理由のもう一つ。

ある水素水の製造メーカーの担当者が「ただの水」と言ったことがニュースになったことがあります。

ですが、これは薬事法(薬機法)の縛りがあるため言えなかったのではないでしょうか。販売側の人間は、認められた効果・効能以外は公に言えないからです。効果効能が謳えるのは、ほぼ医薬品に限られるからです。

こんな話もあります。水素水がニセ科学だと叩かれる中、ある企業で水素水を商品として取り上げようとなったとき大勢の社員が反対を唱えたそうです。

風当たりの厳しいタイミングでは当たり前の反応ですよね。

ですが、その会議中、水素水を飲んでもらったところ、ほぼ全員か中座してトイレに行ったというのです。水素水にはデトックス効果があるので社員は身をもって、その効果を知ったと言うのです。

ちなみに水素水がニセ科学と言われる理由は次のとおりです。

1 効果が見えにくい
2 まだまだ研究段階
3 水素濃度が低いものがある(濃度の基準がない)

水素水を飲んで効果がなかったというあなた、本物の水素水でしたか?

水素水がニセ科学だと叩かれるほど話題になった水素水ですから中にはまがい物も販売されているのも残念ながら確かなことです。

ブームに便乗しようというわけです。水素水は無味無臭ですから真似しやすいですよね。

ですから信頼できるメーカーの濃度が 1.2ppm 以上ある製品を選ぶこと。そして水素水は、まだ研究段階であるということを理解した上で利用することが必要ということですね。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る