ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  水素水の基礎  > 水素水とは何だろう?

水素水とは何だろう?

健康志向な人が増え、ときどき耳するようになったのが水素水。そもそも水は酸素原子と水素原子がくっついて出来たものです。なのに水素の水とは、どのようなものなのでしょうか?

実はですね。名前のままなのですが水素分子が多く溶け込んだ水のことを水素水と呼ぶのです。

水素水についての説明

この水素水には、悪玉の活性酸素を抑える力があるんですね。悪玉の活性酸素が増えると体内の細胞を傷づけてしまうんです。これが老化の原因になるんですよ。

だから若々しさや体質を改善したいという人たちが水素水を飲むようになっています。またビタミンCに代表される抗酸化作用もあり、近年注目されているというわけです。

水素水は、浄水器、スティック、ミネラルウォーターという形で手に入れることができます。売っているお店を探すのは、少々骨が折れるのでネット通販で購入するのがいいでしょう。


ちなみに似たようなものに電解還元水という水がありますが、実はほとんど同じものなのです。そのほか、活性水素水と呼ばれることもあります。

これらの違いは生成方法と会社によって呼び名が違うだけであり基本的には、水素が溶け込んだ水を差すものです。

ただ溶け込んでいる水素の含有率について規定があるわけではありません。ですからメーカーによって水素の含有率が違うという点は注意すべき点です。

水素水の効果は水素の含有率が高いほうが良いとされるので、できるだけ濃度が高いものを選ぶようにしたいものです。

このサイトでは、有名な水素水をいくつかご紹介していますので、参考になさって下さいね。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る