ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  素朴な疑問  > 水素水は、アトピーに効果があるのか?

水素水は、アトピーに効果があるのか?

水素水の効果には、いったいどんなものがあるのか気になるところです。体の悩みが人それぞれであるのと同じで、実は水素水の効果も人それぞれなんです。

昔はなかったアレルギー症状の一つとして、アトピー性皮膚炎があります。幼少期から苦しんでいる人や大人になってから発症している人も増えているそうです。

冬は乾燥でかゆいし、夏は汗や紫外線が刺激となって悪化する厄介な疾患ですよね。ステロイドなどの薬は副作用が怖いですし、できることなら水素水で治したいと思っている人も多いと思います。

vjnbei.jpg

では実際のところ水素水がアトピーに効果があるかというところですが、ある医療機関でアトピー症状に苦しむ患者さんに水素入浴を続けてもらったところ、症状が改善したということをテレビでやっていました。

水素入浴とは水素を溶かしたお風呂に入浴することです。水素は宇宙一小さい分子で肌から浸透して細胞まで行き届くという性質を持っていますからお風呂で全身の肌から水素を体に取り込める手っ取り早くて確実な方法と言えます。

水素水を飲んで体の中に取り込むだけでなく肌から直接取り込めたらそれだけ効果の速さも期待できそうですよね。

水素入浴の方法は簡単です。水素入浴剤というものがネットなどで市販されていますから、これらをお風呂に入れてから入浴するだけです。

その入浴剤の種類も大きく分けて2種類あり、水分と反応してマイクロサイズの水素が発生する水酸化マグネシウムタイプとバブル発生タイプです。

水酸化マグネシウムタイプは水素が発生するのに10~15分くらいかかりますが、そのあと8時間ほど水素が発生し続けるので家族など数人で入る人におすすめですね。

バブル発生タイプはアルミニウム、酸化カルシウムの粉が入っていて文字通り水素の泡を勢いよく発生させます。発生させる時熱を発してしまい水面の温度が80度になってしまうので入浴の際火傷に注意が必要です。

その点から水酸化マグネシウムタイプの入浴剤が安全・安心な入浴剤ですね。ただアトピー性皮膚炎の患者さんの立場からすると入浴剤と聞くだけで嫌悪感を持つ人もいると思います。

そこで提案したいのが水素発生の機械です。こちらもスイッチを入れて浴槽に沈めるだけの簡単な操作で水素入浴ができます。水素入浴の入浴剤と比べたら高価ですが毎日入るお風呂ですから長い目でみたら、それでアトピーが治るのならいい買い物になると思います。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る