ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  おすすめの水素水  > 新しくなったビガーブライトEX2016には注目の美容ミネラルが配合

新しくなったビガーブライトEX2016には注目の美容ミネラルが配合

購入して飲むのですから、水素の含有量が多い物の方が良いのは当たり前。ビガーブライトEXの溶存水素量は充填時で1.6ppm、ph値も7.0と中性です。

ただ、このビガーブライトEX2016は、他のメーカーの水素水に比べると知名度がイマイチ。でも実は隠れたヒット商品なのです。

vigor.jpg

その秘密の1つが美容ミネラルと呼ばれているシリカが豊富に含まれていること。このシリカは、私たちの体や自然界に存在をしているとても身近なミネラルで、美しいお肌づくりには欠かすことができない美容成分なのです。

さらにシリカにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、コラーゲンがある皮膚などに豊富に存在をしています。

アンチエイジングや美肌づくりのためにコラーゲンを摂っている人も多いと思いますが、コラーゲンだけでなくシリカもすごく重要なのですよ。

そのシリカと水素を同時に取ることができるのがビガーブライトEXなのです。それにシリカはコラーゲン同様、年齢を重ねていくと減少してしまうのです。

積極的に摂るようにしていかなくては減る一方なので、お肌の衰えが気になり始める30代からの愛飲者が多いというわけです。

ビガーブライトEX 2016
http://www.vigorbright-store.com/


名水百選に指定されている阿蘇山外輪系の湧水使用

ビガーブライトEXは、名水百選に指定されている阿蘇山外輪系の湧水を使っているため、非常に飲みやすくまろやかです。口当たりも柔らかく優しい感じのするお水ですね。

img52.jpg

パッケージはアルミパウチを採用していますがパウチの味や臭いもせず、品質が良い商品です。それにパックの袋の下はマチがあるので、テーブルの上にポンと置いても倒れることもありません。

これはなかなかの高ポイントでした。

と言うのも、300mlくらいなら開封をして一気に飲み干すこともできますが、ビガーブライトEXは500ml。

いくら喉がカラカラに乾いていたとしても、500mlを一気に飲むというのは難しいです。開封をすれば少しずつ水素が抜けていってしまうので、しっかりと蓋を閉めても出来るだけ早めに飲む必要があります。

私の場合はお風呂に入る前に半分くらい飲んだ後、半身浴をしながら水分補給をする時にも飲んでいました。バスタブの縁のところにそのまま置いておけるので、すごく助かりましたね。

他にも縦にして置いておくことができるので、冷蔵庫の中の飲み物を入れるポケットにも簡単に入れておくことができます。食品をしまう部分だとスペースを取ってしまって仕舞うことができない、ということもありますからね。

特にビガーブライトEXは1回の注文で届く本数が多いので、保管をしやすいというのは助かります。


水素容量が高いのにコスパも定期コースなら最高クラス

他の水素水と比べると、ビガーブライトEXは値段が高いように思えるかもしれません。コスパのことを考えても割高のように感じますが、WEB限定の初回お試し価格が30本セットで税込6900円。

vigor2.jpg

送料無料で1本あたり230円です。

商品によって容量が違うので分かりにくいかもしれませんが、200mlあたりのコストは112円。一般的には160円ほどするので、実はとても安いことが分かりますし、わたしが調べた限りでは、継続コストがもっとも安い水素水です。

1回で送られてくる本数が多く、割高に感じてしまうかもしれませんが、実は安いんですね。それに初回WEB限定スーパー定期を利用して購入をすると、初回と2回目までのお届けが送料無料の6900円。

初回限定のお試し価格と同じ価格で購入することができます。「それでも他の水素水と比べると高いわ」と思うかもしれませんが、ビガーブライトEXはただの水素水ではありません。

「シリカ」という美容ミネラルを豊富に含んでいるので、他に美容系のドリンクやサプリメントを飲むことを考えるとずっとお得。私も一時期コラーゲンのサプリを飲んでいたことがありますが、意外とお金がかかるもの。

あれこれ飲むのも大変なことなので、アンチエイジングもしつつ健康にも気を遣うことができるビガーブライトEXは知名度以上に優秀な水素水だと思いますよ。

ビガーブライトEX 2016
http://www.vigorbright-store.com/

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る