ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  素朴な疑問  > どのくらい飲めばよいの?

どのくらい飲めばよいの?

気になる水素量の飲用量ですが、一般の飲料水と同じように考えて問題ありません。

水素水は他のサプリメントや健康食品のように、過剰摂取による副作用というのはほとんどありません。

サプリメントや他の健康食品は、ビタミンやミネラルを強化しているものがほとんどです。

これらの栄養素は不足すると欠乏症が出てきますが、反対に過剰摂取しても体調不良を引き起こすこととなります。

img41.jpg

手軽に栄養素が補給されるということで人気はありますが、サプリメントの栄養分は人工的に作られた物がほとんどであり、天然の成分ほど効果が期待されないケースも少なくありません。

対して水素水は普通の飲料水に水素を多く溶かしこんだものであり、水素自体は空気中に触れると抜けていきますし、体内に取り込んで消化されていくうちに、含有量が減っていきます。

生成したばかりの水素水と同じ濃度を保つことは無く、取り過ぎという状態にはなりません。

飲用しているそばから空気中に抜けていくのです。したがって過剰摂取というのはぞんざいしないと言えます。

水素自体は無味無臭で、普段我々が呼吸により取りこんでいる空気中にも含まれていますので毒性は全くありません。

人間が1日に必要な飲料水の摂取量は1.5リットルから2リットルといわれています。

これには食事から摂れる水分も含まれるので、実際に飲用するのは1リットルから多くて1.5リットルくらいでしょうか。

水素水についても同じように考えれば良いのですが、お金がかかるものなのでそこまで飲むことは難しいでしょう。

ちなみに水素水の第一人者である太田教授によれば1日500mlほど飲むのが良いと仰っています。

ただ、腎疾患を持っている方で、水分制限がある方は、主治医に相談をしてから飲用するようにしましょう。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る