ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  活用方法  > 病気の予防として飲む

病気の予防として飲む

体の老化や病気の元になってしまう悪玉活性酸素を取り除いてくれる水素水。この水素水は一度飲むとおよそ1日効果が持続します。健康な人であれば毎日飲まなくても大丈夫です。

しかし「自分は健康だ」と胸を張ってはっきり言いきれる人は一体どのくらいいるでしょう?きっとみんな何かしら問題や悩みを抱えているのではないでしょうか。

もしくは今は健康だけどこれから先の老いや病気のことを心配しているかもしれません。生きていること(息をするだけでも)で活性酸素が生まれてしまう仕組みの私たちの体。これは仕方のないことです。

img39.jpg

でも毎日飲む水素水で健康を保つことができたら、老いを遅らせることができたらこんなにいいことはありません。わたしたちの体の約60%は水分です。

水が私たちの体にとってどれだけ大切かは周知の事実です。水さえ飲んでいれば食べ物がなくても数日は生きられるほど、水はわたしたちにとってなくてはならないものなのです。

30年前は水をお金を出して買うということがあり得なかった時代でしたが、今日では数えきれないほどの種類のミネラルウォーターが販売されていて、水を買って飲むということが当たり前になりました。毎日飲む水、どうせだったら体にいい水を飲みたいですよね?

でも、水素水を飲むだけではなく生活習慣や食事や運動にも気をつけながら健康を手に入れてくださいね。水素水は健康になるための手助け、病気にならないための予防というスタンスで飲むと良いでしょう。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る