ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  選ぶときのポイント  > 容器の違いは、保存期間に直結している

容器の違いは、保存期間に直結している

現在、さまざまなタイプの水素水が販売されています。その中から、自分自身の生活スタイルや体に合った商品を選択する事が出来れば、継続する事も無理する事なく出来るでしょう。

とても軽い物質の水素は、開封後は過ぎに放散してしまうという性質を持っていますので、そのまま放置する事なくすぐに飲み切る事が大切です。

水素水の保存期間

一般的な主流容器でもあるプラスチック製(ペットボトル等)に水素水が入っている場合には、容器を水素が透過してしまいますので、長い時間保存する事が難しくなっています。

ちなみに、開封前の水素水であっても、製造日から数日間には飲み切るようにしないと効果が半減してしまうという短い保存期間となっています。

また、アルミパウチに入っている水素水は、持ち運びにも便利でで透過し難く、一番多くの水素を製造工程上、含有される事が出来る為、6ヶ月程度の保存が可能となっています。

更に、アルミボトル容器は、製造日から1年程度の長い期間保存が出来る容器としてあり、大量生産が可能という事もあってか、安い価格で出回っておりとても魅力的です。

ただし、アルミパウチやアルミボトルの保存期間は、あくまでも開封前の事です。

一度でも開封してしまった場合には、やはり直ぐに飲み切る必要がありますので、覚えておきましょう!

またスティックタイプの水素を一般家庭にある水道水やミネラルウォーターに入れて、水素水を自分で作る商品もあります。作るのがちょっぴり面倒ですが、飲むときに水素を生成するので水素がたっぷりの水素水が楽しめます。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る