ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  水素水の基礎  > タイプ別の価格帯を知っておこう

タイプ別の価格帯を知っておこう

水素水は、さまざまなタイプの商品が販売されています。例えば、生成器(浄水器)やペットボトル、そして手軽に家庭で作る事が出来るスティック状タイプなどです。

そのため、価格帯も幅が広くどれにしようか迷ってしまいますよね。そこでここでは、水素水の標準的な価格について少しお話させて頂きますね。

水素水の価格

【生成器(浄水器、サーバー)】

●価格●

10万円から25万円程(メーカーにより価格差があります。)

●特徴●

価格は高くなってしまいますが、逆に考えると使いたい時に好きなだけ利用する事が可能で、後々の維持費はあまり高額出費する必要が無い事から、長期間使用する事を考えるとお勧めな商品です。


【ペットボトルタイプ】

●価格●

1本310ml 1ケース4320円

●特徴●

ドリンクの標準的な容器。ですが水素はとても逃げやすい性質があるので作られたときは水素がいっぱいでも実際に飲むときには、結構な量が逃げてしまうと言われています。ですからペットボトルはおすすめしません。


【アルミ缶タイプ(ブルーマーキュリー発売 おいしい水素水)】

●価格●

1本300ml 1ケース5580円


【アルミ缶タイプ(H40)】

●価格●

1本230ml 30本15750円

●特徴●

芸能人の愛用茶が多いこちらの商品は、とても溶存水素量が多くなっています。価格は少し高めの設定となっていますが、人気がとてもある商品です。


【スティック状タイプ】

●価格●

1本3000円から5000円

●特徴●

自宅にある容器に水道水を入れ、水素を発生させる商品です。繰り返し使用出来ることからとても経済的で、商品にもよりますが1本で3か月から半年ほど使用可能です。

プラズマ水素水 PlasmaPraxis
http://www.plasmapraxis.jp/f/


このように、たくさんの商品が販売されておりますが、やはり手軽に飲む事が出来る商品としては、スティックやアルミ缶に入ったタイプになるでしょう。

最近は、アルミパウチに入った水素水も増えていて、アルミ缶よりもゴミとして捨てるときの潰す手間がないので人気がありますよ。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る