ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  水素水の基礎  > 記憶力低下を防ぐ効果があるのか?

記憶力低下を防ぐ効果があるのか?

老化予防や病気予防など、さまざまな効果が期待できる水素水。最近の研究では、記憶力低下を抑える効果も期待出来る事が分かりました。

まず、皆さんが【記憶力低下】と聞いて思い浮かぶのは【認知症】かと思います。

今現在でも高齢化社会が進んでおり、これから先も高齢化がドンドン進んで行くと考えられていますので、この水素水で認知症予防が出来るとしたら、とても良い事だと言えますね。

記憶力低下を防ぐ

しかし、今はまだ研究段階という事もあり、動物実験(マウス)での結果と言う事もありますので、実際に認知症予防策として使われるのには、まだまだ時間が掛かりそうです。

マウスでの実験方法では、わざと狭い空間に閉じ込めストレスを与えます。

記憶力低下状態を作り出して、約6週間に渡り研究や観察が行われました。

実験では、水素水を溶かした水を与えるマウスと普通の水を与えるマウスに分けて研究しました。

その結果、大きな記憶力の差があり、普通の水を飲んでいたマウスに比べると、水素水を溶かした水を飲んでいたマウスには、神経幹細胞増殖能力の違いがありました。

活性酸素は、老化原因としても考えてられているのと同様に、水素によって活性酸素を取り除く事が出来ると立証されている事から、記憶力低下予防にも必ず効果がある事は間違いありません。

記憶低下や認知症に悩んでいる人達にとっては、予防法としてはまだ確実な物ではありませんが、これから先にも水素水についての研究が続けられる事により、新しい治療方法として近い将来にも確率する事でしょうね。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る