ようこそ! 「水素水の効能・効果って知ってる?」へ
ホーム >  水素水の基礎  > 上手な飲み方とは?

上手な飲み方とは?

水素水は、ただ飲めばいいというわけではありません。水素の性質を知らないと、半減どころかまったく効果がないなんてことにも。

ですから、水素水は正しい飲み方を知っておくことも大切なのです。

水素水の上手な飲み方

実は水素はとっても逃げやすい性質があるんです。だから水素水だと思った水は、時間が経てば経つほど水素がどんどん減ってしまうんですね。

だから水素水を作ったら、できるだけ早く飲む。容器に入ったものなら開封したら飲み切るように心がけましょう。


次に健康のために水素水を飲むなら、できれば1日1.5リットルは飲みたいですね。ただコストの問題があるので、水素水を500mlと1リットルの水でも良いでしょう。このくらいしっかり飲むことで体の中が浄化されてゆきます。ただ、たくさん飲みますので冷たい水では体が冷えてしまいます。ですから冷やさずに常温で飲むのがコツなんですね。

もちろん体に良いからと言って過剰に飲み過ぎるというのも良くありませんよ。適量摂取を心掛けて下さいね。


とは言え、1.5リットルは結構な量のお水です。初めのうちはなかなか飲めないものです。徐々に増やしながら慣れてゆけばいいでしょう。

多くの量を一度に飲むのではなく、ちょこちょこ飲むと飲みやすいですよ。

あと、煮物や味噌汁などのお料理にも使用すると、効率良く摂取する事が可能ですよ!


ちなみに水は、喉が渇いてから飲んでいたのでは遅くて、そのときにはすでに脱水状態になっているのです。

お水は常に絶やさずちょこちょこ飲むと体の隅々までしっかり潤いますよ。ぜひ実践してみてくださいね。

水素水は、容器が重要だった!

水素水は、水素の含有量が決め手。ただし水素は逃げやすい性質があるため密封度の低い容器に入っているものは、製造時には水素が豊富に入っていても運ばれているうちにどんどん逃げてしまうのです。では、どのような商品を選べば良いのでしょうか?その答えは容器にあり、選ぶべきはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチ型水素水のランキングを見る